検索
  • 笑楽日わらび

介護体験

昨日のお話

今度は違う小学校にお邪魔しまして

介護体験の実技と講義をしてきましたー。

今回も

小学4年生。

凄く元気な子供たち。

そしてとても素直な子供達でした。

今回は

車椅子体験と高齢者体験

二手に分かれ

終わったら交代するという

流れでした。

今回私も説明をさせてもらいました。

私の話を一生懸命メモをとりながら

聞いてくれるため、

話し甲斐がありました。

色々と経験しておくと

いざというときに

頭の片隅に

経験として残っているので

大切な授業だと思いました。

休憩時間中

子供達と喋っていると

一人の女の子のお母さんが35歳で

おばぁちゃんが58歳と

言っていました。

えっ?

私より若い。

地味にショックでした。

あと子供達のワークの中に

将来の夢を描く場所があり

描いてる途中

みんなのところに回って見せてもらうと

ある一人の子の所に

JAの人

と書いてありました。

具体的。

よく聞いたら

お父さんがJAで働いているそうで

お父さんみたいになりたいそうです。

なんでいい子なんだろう!!

と感動しました。

私も息子に

そう言ってもらえるように

がんばります。



※ちなみに息子は

この絵を見て

ママと言います。

しかも毎朝。



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示